暗号通貨の実態は?趣味でやり出すビットコイン

海外の報道を見ると、「どでかいもうけ話があるのだが」と持ちかけられバーチャル通貨関係で巻上げられてしまうケースも報告されているとの事です。でもそこまで胡散臭いシロモノでしょうか。ひょっとしたらうまくすれば利益を出せる勝算が十分あるか、この機会に追求していきませんか。バーチャルマネーは元元、少額を海外等にいつでも手軽に払えると言う役割ありきで考案されたアイテムです。その手軽さは、率直に”小銭の代用品”。ですから、一例として遠距離の個人に数ドルのマネーを送付して、代わりに物品を郵便等で送付してもらう様な勘定手段にはピッタリと言えます。国内にも国産のバーチャルマネーは現れているものの、残念ながら世界的に取引に利用されていると言う基軸通貨ではないのが現状です。その為には、専らベンチャーのためでなく、地球規模の共同体でいつもトレードされ親しまれる存在になっているという実態を堅実に作り出すて行く事が不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です